仙台弁護士協同組合特約店の探偵社
浮気調査に40年以上の実績がございます

仙台の浮気・不倫調査事例

①夫が1人になりたいと家を出て行ったが…

依頼者: 50代女性
対象者: 夫(50代男性)

今回の浮気調査の対象者は依頼者様の旦那さんで、個人事業主の社長さんです。
奥様のお話ですと、旦那さんは数週間前に突然「1人になりたい」と言って自宅から出て行ってしまったそうで、浮気の心配はもちろん、そもそも、どこでどんな生活をしているのかも分からないということでした。

ご依頼を受けて調査を開始した我々は、まず旦那さんの勤務先から帰宅までを追跡、その結果、現在の居所は自宅から数十キロ離れたマンションの一室だということが判明しました。
ただ、数日間の行動調査を実施するも、マンションにて同居しているような女性の姿は見当たらず、調査期間中、仕事を終えた旦那さんはコンビニ弁当を購入して真っ直ぐ帰宅するような毎日を過ごしており、浮気の心配は無いように見られていました・・・。
ところが、それからしばらくしても旦那さんは自宅に戻る様子が見られないということで、再び調査をすることとなったのですが、旦那さんの追跡や張り込み等を実施すると、以前とは服装や行動パターンは一変しており、映画や食事に赴く旦那さんの隣には同年代の女性の姿が。
さらに調査を進めると、短期間の間に女性との接触や行動はエスカレート、手を繋いで歩く姿はもちろん、マンション前で別れる際にキスをする姿も確認され、最終的には相手女性宅に出入りするまで発展、浮気が決定的な結果となりました。

これまで、子供の将来を心配しながら我慢していた奥様ですが、さすがにこの結果には怒り心頭、離婚を決意して旦那さんに三行半を突きつける結果となったようです。
因みに、旦那さんの相手女性は、旦那さんが自宅を出る前から接点があった人物だったようで、色々と相談に乗ってもらったりしていたところ交際に発展したという話があったそうです。

≫ ②妻は子供を連れていったい何処へ?